HORIZON VARIATIONS









あらゆる事物(モノ)はその事物(モノ)同志の相関関係において「距離」を知覚し得るが、
地平線(または水平線)となると、
「私」との関係性の中でしか「距離」を知覚し得ない。

そんな「私」に対して地平線(または水平線)は「世界」はここまでだという
有限性の認識を具体化して示してくれる象徴だと思っていた。

しかし、ようやくその地に行き着いた時にはまた次の地平線(または水平線)が現前するという
無限性の性質も持ち合わせていた。

私たちは必ず私としてこの有限性の殻の中で無限性を持って
彷徨い続けるのである。